空調タイムスに弊社記事が掲載されました

今を知られる国内大手の冷凍機メーカーも、その心臓部となるコンプレッサについては外販に頼ってのスタートであったように、コンプレッサメーカーも一時は供給側という立ち位置を崩すことが無かったが、その後の技術革新の中でメーカー自身が手軽で売れ筋となるCDUやチラーなどのユニットを製造・販売するといった変遷がある。

掲載記事はこちら